静鉄空き家巡回管理サービスとは?

全国的にも社会問題になっているこの空き家問題
静鉄不動産では、対応策の一つとして
サービスを開始しました。

静鉄空き家巡回管理サービスとは?

総務省の平成25年度住宅・土地統計調査速報集計において、
日本における住宅空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)が
過去最高の13.5%(2013年10月時点)となり、静岡県内でも16.3%と
平均値を上回る結果となったことが公表されました。

そこで、静鉄不動産では、全国的にも社会問題になっているこの空き家問題への対応策の一つとして、留守宅や空き家を巡回管理するサービスを実施しております。
やむを得ない理由で、長期間住んでいない、またはしばらく家を空けることになったお客様の大切な「住まい」の管理のお手伝いをいたします。

住宅の空き家率リポート(PDF)

こんなお悩みございませんか?

お悩み1お悩み1

親の家等を相続したが、今後の活用方法がまだ決まっていない。決まるまでの間どうやって管理したらよいのかな。

お悩み2お悩み2

仕事の都合で転勤になったが、将来戻ってきてまた住みたいと思っている。ただ、それまで家の状態を見てくれる人がいなくて…カビだらけになってしまわないか心配。

お悩み3お悩み3

入院、長期リハビリで一時的に自宅を留守にするのだが、留守中に不法投棄などされないか不安で…。

お悩み4お悩み4

介護施設に入居したが、これまで住んでいた家をどうするかまだ決めていない。空き家になったことで、近所に迷惑をかけないか心配で…。

お悩み5お悩み5

ここしばらく活用していないセカンドハウスの管理に困っている。だれか任せられる人がいればよいのだが…。

お悩み6お悩み6

今は遠方に住んでいるため、空き家となっている自宅を見に行くことができない。だれか定期的に家の状態を見て報告してくれる人がいればよいのだけど…。

ご存知ですか?放置された「空き家」には、こんなリスクがあります。 ご存知ですか?放置された「空き家」には、
こんなリスクがあります。

リスク01リスク1

建物の劣化建物の劣化

人の住まなくなった建物は、劣化が進みやすくなります。建物内には湿気によるカビや害虫が発生したり、雨漏れなども放置しておくと建物の腐食などにもつながり、建物の劣化が進行しやすくなります。

リスク02リスク2

犯罪の誘発犯罪の誘発

放置された空き家では、ゴミ等が不法投棄されたり、空き巣や不審者に新入されることが懸念されます。また、放火による火災などの恐れもあります。

リスク03リスク3

損害賠償損害賠償

放置された空き家によって、第三者に損害を与えた場合、その損害に対する賠償請求を受ける可能性があります。

リスク04リスク4

苦情苦情

長期間空き家を放置していると、庭木が伸びて隣地に越境してしまったり、雑草が生い茂ってしまうことで害虫が発生するなど、ご近所様から苦情をうける可能性があります。