売主様に“安心”、買主様に“信頼”の住宅インスペクション。

スムーズでトラブルのない中古住宅の売買取引のために、
売主様、買主様の双方にメリットのある、住宅の現状を事前に検査し品質を把握する、
「住宅インスペクション(住宅検査)」を推奨しています。

住宅インスペクションとは ・・・

宅建業者とは異なる第三者機関の、建築士資格を有する専門の検査員が
公正な立場で住宅の状況の検査を行うことです。
欧米では不動産売買時に当たり前に行われており、日本でも広まりつつあるサービスです。

住宅インスペクションに関わる法律が改正されます 住宅インスペクションに関わる法律が改正されます

平成30年4月1日より宅地建物取引法が改正され、宅建業者はお客様へ建物状況調査(インスペクション)の内容を説明し、斡旋することが義務付けられます。
実施の有無は、お客様の意向に応じて決定します。

住宅インスペクションを実施すると何が違うの?

検査して不具合が見つかったら不利にならないの? 検査して不具合が見つかったら不利にならないの?

後から見つかる不具合の方が大変!
売却後の住宅に隠れた不具合が見つかると、
その補修費用等は売主様の負担になります。

もしも売却したものの、引渡し後の住宅に不具合が見つかった場合、「瑕疵担保責任」により、一般的に引渡しから3ヶ月以内に見つかった不具合の補修費用などを売主様が負担しなければなりません。事前に住宅インスペクションを実施することで、予め住宅の状況を把握し、買主様に説明しておくことで売却後のトラブルを未然に防げます。

中古住宅は何か不具合があるんじゃないかって心配・・・ 中古住宅は何か不具合があるんじゃないかって心配・・・

住宅インスペクションが住宅の品質証明に!
検査済物件なら、
買主様にも安心してご購入いただけます。

中古住宅の購入を検討している方にとって、立地や価格、間取りはもちろん、住宅の状況を把握することも重要なポイント。住宅インスペクションの実施により、住宅の品質を事前に確認でき、“信頼”できる物件として他との差別化を図り、付加価値をプラスします。また、検査結果が基準に適合している場合には、「既存住宅かし保証」が利用可能になり、さらに住宅取得時の税制優遇を適用することができます。

住宅インスペクション利用者の声

住宅インスペクションで、住宅を売却された方、購入された方に、
“安心”と“信頼”を提供いたします。

まずは、最寄りの店舗にご来店またはお問い合わせください。

住まいの情報ライブラリー 店舗のご案内はこちら