中古住宅を売買し、引渡し2ヶ月後に雨漏りが・・・。補修費は誰が支払うの・・・?
Q.中古住宅を売買し、
引渡し2ヶ月後に雨漏りが・・・。
補修費は誰が支払うの・・・?

売主様じゃ!!
A.売主様じゃ!!
中古の建物の売買には「瑕疵担保責任」(※1)という売主様が負う責任があるんじゃ。個人間の中古の建物の売買において、一般的には、建物の引渡し後3ヶ月以内に補修が必要になったた場合、売主様がその補修費を負担することになるんじゃ!!
「静鉄不動産 住まいの安心売買保証」なら
1年間、最大250万円(※2)
まで保証します!!
「静鉄不動産 住まいの安心売買保証」なら1年間、最大250万円(※2)まで保証します!!
※1 建物の「瑕疵(かし)担保責任」とは?
建物の瑕疵担保責任とは、売買の目的物(一戸建・マンション)に隠れた瑕疵(不具合・故障等)があった場合、売主様が買主様に対して負う責任のことです。
契約内容にもよりますが、一般的には引渡し日から3ヶ月以内は売主様に修復の責任があり、それ以降は買主様の負担となります。
※2 設備、雨漏りの瑕疵に対する補修費用は上限200万円。別途シロアリの害に対する駆除・補修費用は上限50万円まで保証します。
(シロアリの保証は一戸建のみとなります。)
保証内容
  • よくあるもしもその1 設備の不具合

    「給湯機が故障した」
    「換気扇が動かなくなった」
    「コンロの火がつかない」
    などの不具合に対応。
  • よくあるもしもその2 雨漏り

    どこが原因で漏れているのか
    分かりにくいのが雨漏り。
    多額の費用がかかるケースでも
    「静鉄不動産 住まいの
    安心売買保証」なら安心です。
  • よくあるもしもその3 シロアリ(一戸建てのみ)

    シロアリ被害は建物に
    大きなダメージを与えます。
    駆除費用や補修費用にも
    「静鉄不動産 住まいの
    安心売買保証」は対応します。
  • 対物条件/築20年以内の戸建、昭和56年5月以降に建築確認を取得したマンション
  • 保証対象範囲/[一戸建]設備+雨漏り+シロアリの害[マンション]設備+雨漏り
  • 保証金額/上限200万円※シロアリ被害については上限50万円
  • 保証期間/引き渡し後1年間
  • 保証会社/[設備+雨漏り]日本リビング保証株式会社[シロアリ]日本長期住宅メンテナンス有限責任事業組合
  • 検査有効期間/検査日から6ヶ月間
  • 保証条件/日本リビング保証株式会社及び日本長期住宅メンテナンス有限責任事業組合または外部委託検査会社の検査を実施し、適合の判定を受けること
  • ※不適合の場合は不適合箇所を補修後保証可
  • 本検査、保証は目視可能な範囲の検査結果及び打診による検査結果に基づき、一定期間に確認された特定に事象について保証するものであり、
    建物の故障・不具合やシロアリの害が現存しないことまたは将来生じないことを保証するものではありません。
  • 免責事項<設備>レンジフィルター等の単純な消耗品交換、使用者の操作ミスを原因とする故障・不具合<雨漏り>火災、落雷、爆発、暴動、労働争議等の偶然または外来 の事由、検査実施後に実施された対象物件の増築・改築の工事または設備・機器等の取り付け<シロアリ>対象物件の著しい不適使用(用途変更を含む)または著しく不適 切な維持管理(定期的に必要とされる修繕を怠った場合を含む)/洪水、台風、暴風、暴風雨、旋風、竜巻、豪雨もしくはこれらに類似の自然現象等その他不可抗力/門扉、 濡縁、ウッドデッキ、車庫、堀、柵、垣根、矢板、物置等建物構造上主要な部位を除く箇所または外構構築物
  • 検査内容及び保証内容の詳細についてはお近くの店舗にお問い合わせください。
  • 上記条件に該当する物件であっても、弊社規定により本サービスの適用ができない場合もございますので予めご了承ください。
無料査定・無料相談申込フォーム